仙台七夕祭り&花火大会2017の日程や見どころ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

全国的にも有名な仙台七夕祭り。仙台市内が色鮮やかな七夕飾りで彩られます。地元では「たなばたさん」と呼ばれ親しまれています。また、七夕祭りの前夜には大きな花火大会もあることを知っていましたか?こちらも七夕祭りに負けないほど見応えがあります。2017年の仙台七夕祭り&花火大会について紹介します。

 

 

Sponsored Link

2017年花火大会と七夕祭りの日程は?

七夕といえば7月ですが、仙台七夕祭りは毎年8月に行われます。

 

2017年の日程
・花火大会  8月5日(土)19時~20時30分
・七夕祭り  8月6日(日)~8月8日(火)

 

七夕祭りは3日間も続くのですね!花火大会も七夕祭りの一環のように思われがちですが、実は主催者は別なんだそうです。しかし、花火大会には「七夕祭りを盛り上げよう」という前夜祭的な意義はあるようですね。正式なイベントの名称は、「仙台七夕花火祭」といいます。

 

 

Suponsored Link

七夕花火祭と七夕祭りの見どころ

 

七夕花火祭

1時間半かけて、15000発の花火が打ち上げられます。この花火祭の特徴は、「都市部で行われる最大級の花火大会」だということ。街の中心部でこれほど大きな花火をこんなにたくさん上げられるところはそうはありません。花火見物をしつつ、食事をするなど街中で遊ぶこともできるため、デートをするカップルが多いのだそうです。

打ち上げ場所は、東北大学・川内南キャンパスです。数年前に打ち上げ場所を移動したようなので、昔行ったことがある人は注意してくださいね。

また、観客数は50万人以上と言われており、大変混雑します。打ち上げ場所から比較的近い場所でゆっくり花火が見たい場合は、仙台城跡が穴場です。ここは、夜景デートの定番コースですが、この日は花火デートのカップルで賑わうそうですよ。
高台にありますし、本当にいいながめです。地方の花火大会は、探すとこのようにゆっくり見られる場所があるところがいいですよね。

 

七夕祭り

仙台七夕祭りの見どころといえば、やはり「笹飾り」でしょう。高さ10mの吹き流しが5本1セットになっています。
この笹飾りは、祭りに参加する企業や商店が何ヶ月もまえから準備し、手作りしたものです。それぞれが個性的で、いろいろなお店の笹飾りを探すのも楽しそうですね。

また、「おまつり広場」も行ってみる価値あり。牛タンなど東北名産のおいしい物を食べることができますし、特設会場ではショーやパフォーマンスを見ることもできます。七夕飾りを見た後は、おまつり広場でちょっと休憩してみてください。

 

まとめ

七夕花火祭と七夕祭りの開催は夏休み期間中で、土日もはさみます。今年の夏は、ぜひご家族やお友達、恋人と出かけてみてはいかがでしょうか。2泊くらいすれば花火も祭りも観光も楽しめそうですよ!

 

よろしければこちらも参考にしてみてください

イベント好きな看護師さんは注目☆夏の風物詩『七夕』にまつわる記事まとめ

Suponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*