お盆休み渋滞予測【2018年】高速道路の帰省ラッシュは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お盆休みは、国民の祝日ではありませんが、会社がお休みになったり有給をとってお休みする人もおり、みなさん楽しみにしているのではないでしょうか。せっかくですから、旅行に出かけたり家族に会いに帰省したりするのに渋滞に巻き込まれたくはないですよね。お盆休みの帰省ラッシュ・Uターンラッシュのピークはいつなのか、高速道路の渋滞予測をチェックしていきましょう。

 

 

Sponsored Link

お盆休みの高速道路帰省ラッシュはいつ?

お盆は基本的には、8月13日~8月16日の4日間です。しかし、2016年から国民の祝日として新たに「山の日」が8月11日に加わりました。ですから、お盆期間だけでなく山の日や土日も組み合わせて連休をとる人が以前よりも多くなりました。

2018年お盆
11日(土)山の日
12日(日)
13日(月)お盆(迎え火)
14日(火)お盆
15日(水)お盆
16日(木)お盆(送り火)

以上のことをふまえると、
2018年お盆の帰省ラッシュは8月11日(土)朝の7:00頃から

と予想されます。

 

ほとんどの会社が11日からお盆休みが始まるため、朝に目的地へ向けて出発する人が多くなります。できることならば、夜中のうちに出発し11日の朝には目的地に到着するようにすると渋滞に巻き込まれずにすみそうです。

 

 

帰省ラッシュ 高速道路で特に渋滞がひどいのは?

8月11日(土)

関越自動車道(下り)
所沢IC~花園IC
ピーク:8時台、45km

 

東北自動車道(下り)
栃木都賀JCT~西那須野塩原IC
ピーク:7時台、45km

 

東名高速道路(下り)
東京IC~秦野中井IC
ピーク:6~7時台、40km

 

厚木IC~御殿場IC
ピーク:6~8時台、30km

 

8月11日(土)は、ピークの時間帯意外もほぼ1日中渋滞が続く見込みです。お出かけの際は覚悟しましょう。

 

Suponsored Link

 

Uターンラッシュのピークは?

今年のお盆休みのUターンラッシュは曜日の関係上ばらけそうです。スタートは多くの人が11日なのですが、お盆が終わる16日(木)までお休みの人と、17日(金)も休みをとって19日(日)まで連休にする人がいるからです。

 

Uターンラッシュのピーク
8月15日(水)夕方
8月18日(土)夕方

 

休みが終わる1日前には帰宅したいと考える人が多いようです。
渋滞に巻き込まれないようにするためには、午前中の早い時間、または深夜に出発するのがよいでしょう。くれぐれも睡眠は十分にとって安全運転をこころがけてください。

 

 

Uターンラッシュ 高速道路で特に混雑がひどいのは?

8月15日(水)

東北自動車道(上り)
白河IC~宇都宮IC
ピーク:16時~18時台、45km

 

関越自動車道(上り)
藤岡JCT~鶴ヶ島IC
ピーク:16時~17時台、40km

 

東名高速道路(上り)
大井松田IC~横浜町田IC
ピーク:15時~18時台、30km

 

8月18日(土)

東名高速道路(上り)
大井松田IC~横浜町田IC
ピーク:17時~18時台、30km

 

予想では、18日(土)のほうがいくらかましなようです。

 

 

まとめ

お盆期間中は、大渋滞とまではいかなくとも各地でかなりの混雑が予想されます。できるだけ余裕をもったスケジュールで安全運転でおでかけくださいね。

安心しておでかけするためにこちらの記事もどうぞ!

お盆期間に急病!開いてる病院の探し方とは?

Suponsored Link

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*