吉田輝星の進学先は八戸学院大?プロ入り最善のタイミングは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

秋田県の公立金足農業の吉田輝星(よしだ こうせい)は、甲子園100回大会で最も注目されている投手の一人ですね。1回戦の鹿児島実業からは14個、2回戦の大垣日大からは13個の三振を奪いました。球速はMAX150km。これだけの実力を備えているのですからプロのスカウト達の注目の的となっています。
しかし、吉田選手は進学を考えているというのです。実際のところ、高校、大学、社会人、どのタイミングでのプロ入りがよいのでしょうか。

Sponsored Link

 

 

気になる進路 進学先は八戸大学院?

吉田選手が進学するのであれば、

青森県の八戸学院大。

吉田選手が目指すのはもちろんプロ野球。しかし、高校2年生のころから八戸大学院の正村投手に指導を受けていることからそのように言われているようです。

金足農業の中泉監督はインタビューで
「(甲子園で活躍して)周りからいろいろ言われるから、本人の気持ちは揺れるかもしれない。怖いです。」
と、答えており進学が既定路線であることを示唆しました。
中泉監督としては、投手育成に定評のある正村投手に今後も指導を受け、吉田選手をさらに育てて欲しいし、そうすることが正村投手への恩返しと考えているようです。

吉田選手本人はというと、記者の進路に関する質問に対して
「まだ決めていません」
とのこと。

父親の正樹さん(42)は、
「小学生の頃から将来はプロ野球選手になりたいとよく言っていましたが、ここ1年くらいプロの話はしなくなった。浮かれていると思われたくないみたいで」
と話していました。

プロ入りがより現実的になってきて、進路に迷いも出てきているのでしょうか。
現在のところは進学とのことでしたが、直前までわからなそうです。

 

 

スカウトのプロ争奪戦が熱い!

甲子園が始まる前、吉田選手は大学へ進学する考えを親しい人やスカウトに話していたそうです。しかし、甲子園でドラフトNO1候補とこれだけ騒がれて、進路に迷いが出てこないわけがありません。

甲子園後に行われるU-18高校日本代表を経験することで、他の選手から刺激を受け自分の力を知ればプロへ気持ちが傾くかもしれないとの見方もあります。

 

八戸学院大は東北の楽天や西武の選手供給源とも言われており、太いパイプをもったスカウトがいます。進学希望としておくことで他の球団を敬遠し、期限間際でプロ志望届を提出。希望球団意外にドラフト指名された場合は八戸学院大へ進学という計画もあるのではないかと言われています。

 

また、金足農業の中泉監督と吉田選手の父・正樹さんはともに金足農業出身で、嶋崎監督の教え子であることから、嶋崎監督とのコネを利用して進学を覆そうとしているスカウトもいるとの噂もあります。
おおっぴらにはしなくとも、水面下では吉田選手の争奪戦が始まっているようです。

Suponsored Link

 

 

進学とプロ  才能を伸ばせるのは?

高校卒業後の進路をどうするのか、吉田選手に注目が集まっていますが、結局のところ、高校、大学、社会人のどのタイミングでプロ入りするとより才能を伸ばすことができるのでしょうか。

 

「才能を伸ばす」というところに重きを置くと、それは高校でしょう。
投手のピークは23~25歳と言われており、大学生や社会人になってしまうとすでに完成されている即戦力が求められます。高校生でプロ入りできれば、大学生よりも4年早くプロとして育てることができるため、投資の価値があると考えられることが多いようです。
春のキャンプ前の合同自主トレに参加した新人は、「プロの練習はキツい」と口を揃えて言うそうです。見た目にも、プロ入りすると体格がかなりがっちりする印象がありますね。それだけしっかりプロとしての体作りをしているということなのでしょう。
ダルビッシュ有や田中将大のように、高卒のほうが大物選手になる可能性が高いのではないでしょうか。

 

しかし、大学や社会人の需要がないわけではありません。大学や社会人からプロ入りの選手は即戦力になりますし、精神面で強いし自立しています。人間的に成熟しており、チームにはこういった選手も少なからず必要です。

 

結局、どのタイミングでプロになったらいいかというのは、人によって違うわけですが、吉田選手のような投手は高卒でプロになり、プロ野球を盛り上げてほしいというのが世間の願いでしょう。

 

 

まとめ

進学か、プロ入りか。ぎりぎりまで進路はわからないと思いますが、できることなら大学進学ではなくプロにすすんでほしいですね。大学に進学することによって、甲子園が過去の栄光になってしまわないか心配です。今後も吉田輝星選手の進路に注目していきたいと思います。

Suponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*