工藤静香の子育てがすごい!Kokiの育て方3箇条!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

木村拓哉さんと工藤静香さんの次女Kokiさんがモデルとしてデビューし、話題になっていますね。15歳とは思えないオーラは、さすがサラブレッドという印象です。Kokiさんは、モデルとしてはもちろん、音楽や語学も堪能なんだとか。母である工藤静香さんはどんな子育てをしてきたのでしょうか。

 

 

Sponsored Link

Kokiが多才すぎる!何をやっても超一流!?

モデルとしてデビューしたことにより注目されているKokiさん。現在は15歳で身長は170cm。まだまだ伸びているといいます。父である木村拓哉さん似の顔に、母である工藤静香さんを思わせるすらっとした体型は、これから一流モデルとして活躍するのに申し分ないでしょう。

 

しかし、Kokiさんがすごいのはそれだけではありません。幼稚園のころからインターナショナルスクールにずっと通っていることもあり、現在は日本後・英語・フランス語を話すトリリンガルなのだそうです。「The British School Tokyo」という学校で65カ国の生徒が通っており、日本人はわずか1割。日本にいながら、海外に住んでいるような感覚になりそうです。Kokiさんというか、これは親である木村さんと工藤さんがすごいと思うのですが、家庭での会話も全て英語を使っているそうです。徹底していますね。

 

そして更にスゴいのはKokiさんの音楽の才能です。実はモデルとしてデビューする前に作曲家として活動していたのです。すでに母親の工藤静香さんに「鋼の森」「かすみ草」「Time after time」の3曲を楽曲提供しており、工藤静香さんのアルバム『凛』に入っています。中島美嘉さんの「夢」でも作曲を担当しており、ちゃんとプロの作曲家として活動しています。

Kokiさんは幼い頃からフルートやピアノをやっており、演奏者としての道を考えるほどの腕前をもっています。フルートのコンテストで優秀賞を受賞したこともあるんですよ。

これほどまでに多方面で超一流な人ってなかなかいないですよね。本当にスゴイ!

Suponsored Link

 

 

工藤静香の子育て 3箇条!

 

その1 良いところは褒め、いけないことはしかる

子育てにおいてよくいわれていることですが、実践するのはなかなか難しいですね。できて当たり前とついつい子供に厳しくしすぎてしまったり、褒めるポイントを逃してしまったりした経験は親であればみなさんあるのではないでしょうか。これは個人的な意見も含まれますが、成功したことを褒めるのではなく、その過程にある努力を褒めることが大切だと思います。

そして、いけないことははっきり「いけない」と伝えること。工藤さんは、「仏の顔も3度まで」ということで、2回目までは優しく注意をしますが、それでも言うことをきかない場合、3度目は声のトーンを変えて厳しく注意をするようにしていたそうです。いきなり怒鳴ったりするよりも効果がありそうですよね。

 

 

その2 やりたいことはなんでもやらせる

工藤さんは、子供が興味をもったことややりたいということはなんでも挑戦させてみるという教育方針なのだそうです。Kokiさんとその姉である心美さんは2人ともフルートのコンクールで入賞するほどの腕前。親が無理にやらせていたのなら、才能はそこまで伸びなかったでしょう。好きこそ物の上手なれ。好きなこと、やりたいことをできる限りさせてあげることって大切なんですね。

 

 

その3 食事は手作り!オーガニックにこだわる

工藤さんはオーガニック商品を販売するネットショップを運営するほどオーガニックが大好き。子供が生れ、家族の健康を気にするようになり目覚めたのだそうです。保存料が入っていない食品をなるべく選び、子供たちのおやつなども手作りしていたそうですよ。Kokiさんのスラッとした体格と美貌も健康に気遣った食事のおかげかもしれませんね。

 

 

まとめ

工藤静香さんの子育て方は、お金や時間がないとマネをするのは難しい点もありますが、工夫次第で参考にできる部分はたくさんあると思います。子供の褒め方、しかり方は一般人でもすぐに実践できそうですね。限度はあるけれど、子供がやりたいことを応援してあげることや、食品の成分表を意識して見て保存料が入ってないものや健康によい食事を心がけることも無理なことではありません。工藤静香さんの子育て方、ぜひ参考にしてみてください。

Suponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*