小林麻耶 テレビ復帰!小林麻央の看病との両立は大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨年の5月、『バイキング』の放送中に体調不良で途中退席し、長期休養をしていたフリーアナウンサーの小林麻耶さんが、4月3日(月)のバイキングでテレビ復帰することがわかりました。乳がんの妹・小林麻央さんの看病疲れによりる休養だとさてれていましたが、小林麻央さんは現在も闘病中。小林麻耶さんはこのまま仕事を再開して、大丈夫なのでしょうか。

 

 

Sponsored Link

本格的な復帰時期はまだ未定

4月3日放送のバイキングの出演は、VTRでの坂上忍との対談になります。対談の中では、
「休養中は自分のペースでしか生活できず、3階のエレベーターにも乗れなかった」
と、心身共に大変な状況であったことを明かしました。
これは、単なる疲れだけではなくかなり深刻な状態だったと想像できますね。

 

4月1日に発表された「バイキング」の新レギュラーメンバーを見てみると、木曜レギュラーの欄に小林麻耶さんの名前が。しかし、注意書きで

「小林麻耶の復帰は未定」

となっていました。本格的な復帰はまだめどがたっていないようですが、今回のようにときどきVTRで出演するなどして、少しずつ慣らしていく計画なのでしょう。無理をしすぎず、マイペースにやっていってほしいですね。

 

 

小林麻耶はパニック障害だった!?

小林麻耶さんは、昨年5月19日のバイキング生放送中に体調を崩し、救急搬送されました。撮影中は手を握りしめ、苦しそうな様子だったといいます。過呼吸の症状がかなり強く、病院ではかなり切迫した様子だったようで、そのまま検査入院。その後、長期休養が発表されました。

 

この様子から、世間では「パニック障害なのではないか」と心配されています。倒れた当時は公表されていませんでしたが、妹・麻央さんや麻央さんの子供たちへの献身的な看病や育児から、心身に不調をきたしてしまったということでした。

 

私の知り合いでもパニック障害に悩んでいる方がおられますが、電車などで不特定多数の人と密閉された空間にいると、不安でたまらなくなり、冷や汗をかいたり過呼吸を起こしそうになると言っていました。人に会うのが怖くなり、外出をするのもやっとだといいます。

 

小林麻耶さん本人は自身の病名などは公表していませんが、仕事仲間に対して

「元気な姿を見せたいと思いがんばっていたが、長い間自分の感情を殺していたことによって体だけでなく、心も壊してしまった」

と、話していたようです。
麻央さんが乳がんになって以降、

「麻央ちゃんのために生きてきた」

とも話しており、麻耶さんが心身共にかなり無理をしてきたことがわかります。病気と闘っていたのは、麻央さん本人だけでなく家族も一緒だったのですね。

Suponsored Link

 

 

小林麻央の姉への思い

妹の小林麻央さんは、4月1日のブログで、姉がテレビの仕事に少しずつ復帰することを報告し、今まで応援してくださった方へ感謝の気持ちを綴りました。
また、小林麻耶さんが倒れた当時の様子を振り返り、

「(姉は)ぶるぶる震えながら『まおちゃん、ごめん。でも私が救うから』と叫んでいた」
「大切な大切な姉です。どんな状態でも変わりなく私の支えでした」

と、姉や家族に対する思いを語りました。

 

 

小林麻耶の今後は

小林麻耶さんは、今後無理のない範囲で少しずつ仕事を復帰していくようです。妹の麻央さんは未だに大変な状況ではありますが、麻耶さんは、

「これからは自分のことももっと大切にしていきたい」

と語っており、肩の力を抜いて看病や自分の生き方に向き合っていこうとしているようです。

麻耶さんが心から笑っていてくれることは、麻央さんにとってもいい薬になるのではないでしょうか。お互いに大事に思いつつも、自分のペースでやっていけたらいいですよね。

 

 

最後に

小林麻耶さん、小林麻央さん姉妹は知れば知るほどすごいなと感動するし、勇気づけられます。これから麻耶さんは仕事復帰をしても、自分のペースで両立を上手にしていくでしょう。

Suponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*