AYA(トレーナー)のジムはどこ?腹筋のやり方を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

土屋太鳳、西内まりや、すみれなど、人気女優がこぞって指名するというトレーナーのAYAさん。AYAさんのトレーニングはかなりキツいことでも有名なようですが、AYAさんが担当するクロスフィットのトレーニングクラスには大勢の女性が集まります。カリスマトレーナーAYAさんのジムはどこにあるの?レッスンの価格は?どんなトレーニングをするの?などなど調査しました。

 

 

Sponsored Link

カリスマトレーナーAYAとは?

AYAさんがカリスマと言われるのは、ただマッチョだからというわけではありません。6パックになるほど筋肉を鍛えているのにどこか女らしい体型なのです。AYAさんのトレーニングは女性をキレイに鍛えてくれるということで、芸能人にも人気になっています。

 

AYAさんは体育大学を卒業後、トレーナーとモデルの仕事を始めました。ただ、モデルとしては筋肉質すぎたため、運動をせずに体重を減らすよう指導され、どんどん不健康な状態に。
そんな中、海外のモデルの肉体美に気が付きます。海外のモデルさんって日本のモデルと違って、がっしりして筋肉質な方が多いですよね。

 

AYAさんは、鍛えてキレイになることを目指すようになり、それを実現させたのです。

 

現在のAYAさんの体格は、

身長  175cm
体重  53kg
体脂肪 13%

 

すらっとした身長と、引き締まった筋肉。それでいてセクシー。
まさに女性の憧れです。

 

 

AYAのトレーニングジムは?

AYAさんが勤務しているのは、西麻布にあるリーボックが運営しているクロスフィットジムです。『カスタリア広尾』というところみたいですね。

 

気になるお値段ですが、芸能人の方もレッスンしているくらいだからかなり高いのかなと思いきや、一般人でも通えそうな感じです。

 

・チケット制
1枚3000円(1日利用可)
ただし、年会費が10000円かかります。

 

・週2回プラン
 月々20000円
 週2回必ず通える!という人はチケット制よりお得です。

 

・通い放題
 月々30000円
 かなり頻繁に行きたい!という方はこちらで。

 

その他、体験レッスンも3000円で受けることができますが、AYAさんにすぐに教えてもらえるというわけではないようです。と、いうのも、AYAさんのクラスはキツすぎて初心者はついていけないため、クロスフィットのクラスを10回以上受講してからという条件があります。どんだけキツいんだ!

Suponsored Link

 

 

AYAの腹筋のやり方は?クロスフィットって?

AYAさんが働いている『クロスフィットジム』とは、普通のジムと何が違うのでしょうか。クロスフィットトレーニングとは、筋トレと有酸素運動を組み合わせたトレーニング方法で、短時間で効率的に筋肉に負荷をかけることができます。

 

AYAさんのトレードマークと言ってもいい、あの美しい腹筋を手に入れるために、クロスフィットトレーニングにはまる女子が急増しているようです。

 

そこで、AYAさん流の腹筋の方法をご紹介したいと思います。

 

AYA流腹筋方法

・レッグレイズ
① 仰向けになる
② 両足を上に上げる
③ 床すれすれまでゆっくり下ろす

 

・バタフライシットアップ
① 仰向けになる
② 両手を頭の上にまっすぐ伸ばす
③ 両足の裏をくっつけ、ひざは左右に開く
④ 手の反動を使い、上体を起こす

 

・プランク
① うつぶせになり、両肘を床について上体を起こす
② 肘を前に移動。足はつま先で固定する
③ 前腕とつま先で身体を支え、腕立て伏せのようなポーズで20秒キープする

以上のようなメニューをそれぞれ15~20回くらい行います。
毎日繰り返すと1ヶ月でかなりの効果が出るようです。

 

ちなみに、わたしもやってみましたがかなりキツくて、3日坊主になってしまいました・・・
自分で続けられない人は、ジムに通うことをオススメします。

 

 

まとめ

『楽にダイエットしたい』みたいなのが最近の流行りだった気がしますが、AYAさんは真逆で、「キレイになりたかったらキツいのは当たり前」という考えをもっているようです。人によって合う合わないはあるかもしれませんが、努力して変わると自信にもなるし、筋肉がつくことで体質までも改善することができます。キツいけど一念発起してチャレンジするのもありかもしれません。

Suponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*