米倉涼子離婚これでバツ2?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女優の米倉涼子さんが昨年12月30日に離婚が成立したことは記憶にあたらしいですが,1月26日都内で行われた映画「ラ・ラ・ランド」のジャパンプレミアに出席しました。離婚後初の公の場ということもあり,質問が飛び交いましたが

 

 

 

 

それに答えることはなく退席されました。

Sponsored Link

 

旦那と結婚から離婚までの経緯

 

お相手は大阪府出身2歳年下の一般男性 元リクルート敏腕イケメン社員の「太田靖宏」さん。

その後会社を退職し自身の会社を立ち上げています。

出会いは2011年都内のバーで知り合い、時間をかけ親しくなり2014年12月には同棲が報道されています。そして2014年12月26日に電撃結婚となりました。

しかし性格の不一致(一部ではモラルハラスメントとの説もあり)などで結婚直後に別居となり,そのまま二人の溝は埋まらずに最終的には2016年12月30日離婚成立となりました。

 

これでバツ2(離婚は2回目)なのか?

 

米倉涼子さんは年齢的にも結婚が遅かったことからバツ2ではないか?との憶測も拡がっているようですが,今回の旦那さんと実は初婚であり,今のところ1回目の離婚(つまりバツ1)であると思われます。

米倉さんというと「恋多き女性」というイメージもありますので,確かにこれまでにも離婚を繰り返してきたのかどうか気になるところではありますね。

 

Suponsored Link

離婚後初の公の場でのコメントは?

 

冒頭でもあるとおり,先日離婚後初の公の場に姿を見せた米倉涼子さん。

報道陣から

「独身に戻られた心境は?」

「新しい恋はできそうか?」

「今年は心機一転?」

などの質問があり,コメントに期待が寄せられましたがこたえることはなく笑顔のみで退出されました。

お相手は一般人ということもあり離婚の件については一切触れない約束になっているとも言われています。

 

終わりに

 

結婚はタイミングが大事とは思いますが,しっかりと相手を見定めた上で検討する必要がありますね。

離婚騒動で相当精神をすり減らしたであろう米倉さん。

しかしその後もその素振りを見せることなくバリバリ仕事をこなすあたりに「プロ」の姿を見ました。

Suponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*